おなかぷよぷよ対策をして生活習慣病をノックアウト!!

2011年06月10日

ダイエットで脂肪肝になる危険性

無理なダイエットは、危険だとよく言われます。

からだに必要な栄養素が欠乏し、代謝が落ちるため、
肌荒れや貧血・脱毛・むくみなどさまざまな障害があらわれる場合があります。

また、代謝が落ちた状態で、ダイエットを止めると、反動でたくさん食べたわけでもないのに、
すぐに体重が増えてしまいます。

こういった、筋肉や骨などもやせ細った状態から、増えた部分はほとんど体脂肪といった、
リバウンドを繰り返すことにより、ダイエットどころか、身体的にかなり危険な状態になる可能性もありえるのです。

しかし、危険を甘くみて、「荒療治」的なダイエットで、長期的なダイエットのたいへんさから早く逃れたい!
そんな人も多いのではないでしょうか?

そんな方も是非
「ダイエットで脂肪肝になる危険性」
を知っておいてください。

女性の場合、無理なダイエット・リバウンドを何度か繰り返す結果、
知らない間に肝臓にたくさん負担をかけていることがあるのです。

脂肪肝は肝細胞の脂肪含有が増加して、
フランス料理のために人工的に太らされたガチョウの脂肪肝「フォアグラ」のようになっている状態です。

ダイエット中に、野菜や果物にかたより、タンパク質をとらないなど間違った食事制限をするケースがあります。

ダイエットを行うと血液中の脂肪が減ります。
そして皮下脂肪などの抹消組織から脂肪が放出され、その脂肪が肝臓へ来て中性脂肪に合成されるのです。
本来なら、血液中に脂肪がスムーズに溶け込みます。

しかし、肝臓で脂肪を加工して血中に出すためには、水に溶けない脂肪を包む蛋白質が必要です。

たんぱく質が不足したダイエットをした事により、
血液に中性脂肪を送り込めなくなり、中性脂肪が肝臓に留まったままになってしまうのです。

つまり、ダイエットしたのに、太った人より脂肪肝になってしまう事もあるのです。

ダイエットをする際には、野菜や果物などの単一ダイエットは要注意です。
タンパク質もしっかり採り、バランス良く食べましょう。


アルコール性脂肪肝も、
非アルコール性脂肪肝(肥満による脂肪肝、間違ったダイエットによる脂肪肝)も、
いずれにしろ、

脂肪肝をそのまま放置していると、脂肪肝炎を起こし、肝硬変や、肝ガンに移行してしまう危険性があります。
早期に治療することが大切です。

★いろいろなサプリもありますが、あくまで補助と考えましょう★



【送料無料】肝臓...

【送料無料】肝臓...
価格:1,470円(税込、送料別)



【送料無料】肝臓病の治...

【送料無料】肝臓病の治...
価格:1,155円(税込、送料別)



マルマン 肝活源 180粒

マルマン 肝活源…

¥3,981(税込)





posted by メタボ対策ナビ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おなかぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。