おなかぷよぷよ対策をして生活習慣病をノックアウト!!

2010年03月03日

肥満とダイエット

おなかぷよぷよの原因の一つに
肥満があげられます。


肥満は必要以上に食べ過ぎていたことだったり、
運動不足、夜遅くに沢山食べるなどの不規則な生活をおくっていること
などが原因で体に必要以上に脂肪がついてしまうことですが、
肥満を解消するにはやはりダイエットが一番効果があります。


ダイエットといっても、
激しい運動や極端な食事制限、
一つのものだけを食べ続けるといった方法ではなく、
運動を取り入れつつ、
バランスの取れた食事を食べる方法で行いましょう。


また、おなかぷよぷよ
内臓脂肪によってもたらされている場合もありますので、
おなかまわりが気になったらダイエットを行うことをオススメします。



この頃は脂肪のつく場所によって、
内臓脂肪、皮下脂肪とわけてよばれます。


皮下脂肪とは皮膚の下についた脂肪のことですが、
内臓脂肪とは筋肉の内側のいわゆる内臓のまわりについた脂肪のことです。



皮下脂肪の場合は目に見える場合がほとんどですが、
内臓脂肪は一見細くみえる人でも必要以上についていることがあり、
内臓につく脂肪の標準を上回った場合、かくれ肥満とよばれます。


この内臓脂肪がつきすぎると内臓や呼吸器官を圧迫したり、
血液に入り込んで血液をどろどろにして、
結果、動脈硬化や高血圧などを引き起こしてしまう原因につながります。


内臓脂肪はつきやすいものですが、とれやすいものでもあります。


食事制限と有酸素運動を組み合わせたダイエットで
おなかぷよぷよを解消しましょう。




posted by メタボ対策ナビ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。