おなかぷよぷよ対策をして生活習慣病をノックアウト!!

2012年02月10日

ギャル曽根流大食いHAPPYダイエットが人気です。

人気ダイエット!

「ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット」がスッキリで紹介されて人気です。

みんな、食べて痩せたいいんですね。


ギャル曽根さんは全国、そして世界の食べ物を大量に食べているだけあって、料理の発想がすごいです。

また、ダイエッターにとっては、あれだけ食べて太っていないのはうらやましい限りですよね。
おなかぷよぷよなのか、たくさん食べたときどのくらい「おなかぽっこり」なのかは、
服の上からではわかりませんけど…

私も以前からこんにゃく米が好きで、時々食べてはいたのですが、
値段が高いのであきらめていました。

でも、こんにゃく米の代わりに、白滝をごはんに混ぜて炊くと
同じように美味しくてローカロリーなごはんができるんですね。

私はこの本はまだ手にしていないので、
白滝ごはんの一例を紹介します。

白滝の量は、こんにゃく米同様に好みや、
どれくらいローカロリーにしたいかによって変えます。

初めは家族の分3合に白滝一袋で炊きあがりを試すといいんじゃないでしょうか?

普段炊くようにセットし、上にキチンと水を切ってみじん切りにした白滝をのせて炊くだけ…

炊けてから白滝は中に混ぜ込みましょう。

多分、手間を惜しまない方は、白滝に下処理などするとなお美味しいんじゃないでしょうか。

普通のごはんよりモチモチになります。

ほかにも、ギャル曽根がガッツリメニューもローカロリーにと作ったチャーハンもおいしそうでしたよ。
posted by メタボ対策ナビ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 人気ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

朝、コップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう

朝起きて、コップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう!
おなかぷよぷよにもききそうです。

胃・大腸反射は胃袋が空の時にもっとも起こりやすいため、起き抜けが効果的なのです。

起き抜けの空腹状態の胃袋に冷たい水を一気に流し込むと、
胃が動き始め、ぜん動運動(食べ物を腸に送る動き)を活発にしてくれます。

便意を起こしてくれ、
水分補給で便をやわらかくしてお通じがスムーズになるので、

便秘解消に効果的です。

ということは、ダイエットにもいいですよね晴れ

水の体内での重要な働きは3つあります。

@いろいろな物質を溶かして体内に吸収しやすくする溶媒としての作用。
水があるから、食物は、消化液で分解され、栄養素として吸収され、排泄されます。
A血液となって、血液中の栄養分や酸素、老廃物を運ぶという働き。
B体温調節。


人間は寝ている間に、コップ1杯程度(約200〜300ml)の汗をかくため、朝、
体内の水分量自体も減ってしまっています。


体内の水分が減ると、血液の粘り気が増し、流れが悪くなり、
動脈硬化を引き起こすわけです。

心筋梗塞や脳梗塞なんてコワイですよね。

朝起きてすぐに、たったコップ1杯の水を飲むことで、
血液の流れがスムーズになり、
血管障害のリスクを軽減することができるなら、
実行したほうがお得ですよね。。


人間の体内の水分は、成人で体重の約60%以上もあります。

汗や尿などで1日あたり平均2〜3リットルほどを体の外に出したら、
健康な生活を送るためには、それと同量の水分を摂取することが必要になります。

飲み物としては1.2〜1.5リットルほどとればいいでしょうか。

その一番のおすすめなタイミングは朝です。

朝からちゃんと老廃物を運んでもらえるよう
お水を飲み、体内の流れをスムースにしましょう。

むくみ対策にもなります。

目の下にクマがある人も、むくみによるものですよ!
クマを消すのはスキンケアではありません、水分補給です!

朝から食欲もわくので、朝多め、夕食少なめの
ダイエットに効果的な食生活に無理せず近づけます。

便秘解消法の効果も狙って冷たい水を飲む人、
体への浸透させるためにゆっくりと飲む人、、
体に負担をかけないように、体温に近い温度の水を飲む人、

飲み方は様々ですが、

実行されている方々は、みなさんいい効果を実感していらっしゃるようですねハートたち(複数ハート)







posted by メタボ対策ナビ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

お正月太りは1月中に解消

そんなに贅沢をしたつもりがなくても、お正月など長いお休みの後は体重が増えていたりします。

体重がセーフでも、おなかがぷよぷよしたり、ぽっこりしたり、体型が崩れていることも…

まず、鏡で自分の体をチェック!

全身がみられる鏡だとなおいいですね。

ショックは受けますが、自然に食事量が減ったり、運動量が増えたりします。

次に体重をきちんと量りましょう♪

そもそも、毎日決まった時間に体重を量っていたら、

体重はそんなには増えていなかったはずです。

プチ一日断食までしなくても、食べすぎた翌日は控える気持ちを持つだけで

結果は変わってきます。

私も、娘が体重計を自分の部屋に持って行ってしまうと、

その間に太ります。それを何回か経験していて、

なかなか娘の部屋に体重計を取り返しにいかないのが、

私の甘えというか、おなかぷよぷよの原因の一つです。

以前、有名な歌手の方が、

「お休みがあったら何をしますか?」

という質問で、

「とりあえず美容体操する」

と答えていらっしゃいましたが、

その、とりあえず何かする姿勢がダイエットには大切です。

増やした分をすぐ減らす

そのために、とりあえず今できることを、すぐやりましょう!!

プチダイエット、ハーブティーや痩せる系のお茶を飲む、

ランニングやトレーニングはハードルが高いので、

散歩やストレッチなど自己流の運動をする。

また、いつもの食事の前に野菜を食べたり、酢の物や納豆を食べたりして

食事の内容を変えるだけでもいいと思います。

日替わりでいろいろと試してみるのもいいでしょう。

もうすぐお花見の季節も…

今のうちにおなかぷよぷよ対策をしておきましょう。
posted by メタボ対策ナビ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。