おなかぷよぷよ対策をして生活習慣病をノックアウト!!

2010年03月31日

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム(英: metabolic syndrome、代謝症候群、単にメタボとも)とは、
内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を
合併した状態をいいます。

内臓脂肪の蓄積(ウエスト周囲径の増大)が必須条件で、
これに加えて脂質代謝異常、高血圧、高血糖の3項目のうち2項目以上を満たす場合に、
メタボリックシンドロームと診断されます。

診断基準のひとつである、ウエスト周囲径
男性85cm以上、女性90cm以上は、内臓脂肪面積100cm2以上に相当します。

自宅で簡単にメタボリック検査ができる、
【メディチェケ】


【DEMECAL血液検査キット】

などのキットを活用すれば、安価に、しかも嫌な思いもせずに自分の状態を知ることができます。

メタボリックシンドロームの治療は、個々の病態を治療するのではく、
内臓脂肪を減少させることです。

内臓脂肪は皮下脂肪と違って減少させやすいので、少しの日常の努力で削減効果が期待できます。

過食や運動不足などの生活習慣を改善することが、内臓脂肪の減量に極めて有効です。

食生活をチェックして、
摂取カロリーが多くなってしまっている原因や、
栄養バランスが悪い箇所を洗い出し、
改善点を具体化すると効果的です。

減量をとにかく継続させることが大切なのです。
標準体重など、大幅な減量をめざすのは失敗の原因になりかねません。


運動も、内臓脂肪を減少させる有効な手段です。
運動不足も、日常生活の中で活動量が増えるように工夫するといいでしょう。
自転車を使うところを歩く。
筋力も取り戻すには、
雑多な作業があってそれほど重労働ではない、
家事量を増やすのもいいでしょう。

動脈硬化性疾患の発症を高めるメタボからの脱出は
将来の健康のために不可欠です。

忙しいなどの事情で対策が取りにくい方はメタボ時代の世界初サプリ!!「アディポリック」
などをメタボ対策のきっかけにしてみるのもいいですね。


喫煙は、動脈硬化性疾患の危険性を高めるのでできればやめましょう。
posted by メタボ対策ナビ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

おなかのたるみを取るのは難しい?

おなかのたるみ」のせいでおなかぷよぷよになっている人もたくさんいます。

実はたいして太ってはいないのに、
おなかがたるんでいるせいで三段腹…いやそれ以上にも。

どうしておなかの皮がたるんでしまうのでしょう?


おなかのたるみを解消するために〜

食事をコントロールしながら、食欲も抑えて、
適切なエクササイズも…

しかも急激にやせてはダメ、
時間をかけて…なんて、とても根気が続かなそうです。

とりあえず、普段の姿勢を良くして、
なるべくおなかをひっこめて生活するよう心がけましょう。


日本総合美容クリニーク

では
メスを使わない脂肪吸引【日本総合美容クリニーク】

が体験できます。


痩身エステ「メスを使わない脂肪吸引」では、
たった1回の施術でもボディラインすっきりするBTB脂肪排泄システムを
体験できます。

脂肪吸引並みのサイズダウンを実感するスゴ技ローリングマシーンで
やせたい部位の脂肪や頑固なセルライトを分解。
尿などと共に老廃物として体外へ排泄させる痩身法です。

お肌のでこぼことか、部分ヤセにも良さそうです。
posted by メタボ対策ナビ at 13:19 | TrackBack(0) | おなかぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ぽっこりおなかには4タイプ

薄着の季節になると
ぽっこりおなかが気になります。
ぽっこりおなかと言うと
便秘のせいにされがちですが
一言で「ぽっこりおなか」と言っても
原因が様々あるそうです。
まずは自分のぽっこりの理由を知りましょう。


ぽっこリおなかには
皮下脂肪蓄積型、
内筋衰え型(胃下垂型)、
腸内環境悪化型、
内臓脂肪蓄積型の4タイプが考えられます。

腹筋に力を入れても つまめるお肉が厚い方は皮下脂肪蓄積型です。
時間をかけて蓄積した燃焼しにくくて厄介な脂肪なので、
健康的に消費するにはある程度の時間(数ヶ月)と計画性が必要です。

満腹の時へその辺りが膨らむのは内筋衰え型です。
胃下垂だとウエスト周りがぽっこりしたり、お腹を壊しやすくなります。
サプリメントは効かないので、運動や姿勢の矯正など、筋肉を鍛えることによって、
内臓を正常な位置に持ち上げてウエストをスッキリさせます。
胃腸の健康にも効果が大きそうですね。

便秘やガスがたまることでお腹が膨れてしまうのが腸内環境悪化型。
ぽっこりおなかだけでなく、老廃物がたまって吹き出物の原因にも。
腸内をきれいにするためにまず、トイレを我慢するのをやめましょう。
ミネラル(便の硬さを調節)・乳酸菌(腸内細菌バランス正常化
)・食物繊維(便の量を増やす)のサプリメントがおススメです。
食事で取る食物繊維と適度な運動で腸内環境を保つように心がけましょう
自然にすっきり☆無駄のないキレイなカラダ作り【特選養麗健茶】お試し⇒
もオススメです。

強いストレスを感じていたり、他のタイプにあてはまらない方は内臓脂肪蓄積型。
生活習慣病と深い関わりがあると言われる内臓脂肪。
「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」という言葉でも注目されています。
でも、驚いたことに内臓脂肪は皮下脂肪に比べて付きやすく落としやすいそう…
普段の生活でちょっと気を付けるだけで、効果が期待できるそうです。
内臓脂肪を減らすためには有酸素運動が効果的。
有酸素運動は運動の持続時間が20〜30分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされていますが、
これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きないというわけではありません。
30分を1回よりも10分を5回の方が総運動時間は長いと考えましょう。
誰でもできる「歩くこと」がおすすめです。



posted by メタボ対策ナビ at 15:58 | TrackBack(0) | 肥満 ぽっこりおなか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。