おなかぷよぷよ対策をして生活習慣病をノックアウト!!

2010年03月04日

肥満と美容外科

今では肥満対策を行う美容外科は多くなりました。


その方法は美容外科で異なりますが、
例えば、
湘南美容外科クリニック
で行っている肥満解消法は脂肪吸引です。


湘南美容外科は
脂肪の吸引量では脂肪吸引を行っているほかの美容外科に比べ、
圧倒的に満足度が高いといわれているほど脂肪吸引量が多く、
根こそぎ脂肪吸引を行ってくれます。


脂肪層を極限までぺらぺらにしてくれますので、
気になる部分の脂肪はすっきりし、
肥満解消にはもってこいといえるでしょう。



また、聖心美容外科

では、
気になる部分の脂肪吸引はもちろんのこと、
切らない痩身術として、
特殊な超音波をあてて脂肪やセルライトを解消する
という方法を行ってくれます。


聖心美容外科の切らない痩身術は、
特殊な超音波=キャビテーションシェイプを
脂肪やセルライトの部分にあてて脂肪やセルライトを解消
するのです。


メスは一切使いませんので、
施術の際や施術後は痛みなどは全くありませんし、
腫れもありませんので、
他の人に知られずに肥満対策を行いたい場合にピッタリの方法です。


また、脂肪やセルライトに特殊な超音波をあてるという方法ですので、
腕や太もも、お腹など
気になる部分だけに特殊な超音波をあてることも可能です。


さらに聖心美容外科では、
キャビテーションシェイプだけでなく、
メン・サーモン・セラピーや
メソ・ガルボキシ・サーモン・セラピー、
カーボネット、
スマートリボなど、
肥満を解消するために様々な方法が行われています。


肥満解消を美容外科で行いたいなら、
肥満対策を行っている美容外科に
問い合わせしてみるといいでしょう。



posted by メタボ対策ナビ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

肥満とダイエット

おなかぷよぷよの原因の一つに
肥満があげられます。


肥満は必要以上に食べ過ぎていたことだったり、
運動不足、夜遅くに沢山食べるなどの不規則な生活をおくっていること
などが原因で体に必要以上に脂肪がついてしまうことですが、
肥満を解消するにはやはりダイエットが一番効果があります。


ダイエットといっても、
激しい運動や極端な食事制限、
一つのものだけを食べ続けるといった方法ではなく、
運動を取り入れつつ、
バランスの取れた食事を食べる方法で行いましょう。


また、おなかぷよぷよ
内臓脂肪によってもたらされている場合もありますので、
おなかまわりが気になったらダイエットを行うことをオススメします。



この頃は脂肪のつく場所によって、
内臓脂肪、皮下脂肪とわけてよばれます。


皮下脂肪とは皮膚の下についた脂肪のことですが、
内臓脂肪とは筋肉の内側のいわゆる内臓のまわりについた脂肪のことです。



皮下脂肪の場合は目に見える場合がほとんどですが、
内臓脂肪は一見細くみえる人でも必要以上についていることがあり、
内臓につく脂肪の標準を上回った場合、かくれ肥満とよばれます。


この内臓脂肪がつきすぎると内臓や呼吸器官を圧迫したり、
血液に入り込んで血液をどろどろにして、
結果、動脈硬化や高血圧などを引き起こしてしまう原因につながります。


内臓脂肪はつきやすいものですが、とれやすいものでもあります。


食事制限と有酸素運動を組み合わせたダイエットで
おなかぷよぷよを解消しましょう。




posted by メタボ対策ナビ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

肥満の対策

この頃は肥満とよばれる人が多くなりました。
そのため、肥満対策の方法も沢山紹介されています。


肥満かどうかを知るには様々な計算法がありますが、
よく知られている方法として体重÷身長÷身長という計算式を使った
BMI数値
ではないでしょうか。


このBMI数値が25以上になると肥満とされる上、
BMI数値が高いほど
糖尿病や高血圧などの生活習慣病
引き起こしてしまうリスクが高くなるのです。



生活習慣病を回避する方法として、
肥満になった原因を知り、
ダイエットを行うなどの対策を行いましょう。



また、肥満とは一般的に大人に多いものというイメージが強いのですが、
肥満の赤ちゃんや子供が増えています。


赤ちゃんの頃に肥満だったからといって、
大きくなっても肥満という可能性は低いのですが、
子供の肥満=小児肥満は子供であっても
大人の生活習慣病と同様に、
高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす場合がありますので
要注意です。



とはいえ、生活習慣病を発症するリスクが高いのは大人の肥満です。


子供の肥満は生活習慣病を発症しやすいことにはかわりがありませんが、
大人より生活習慣病を発症するのに時間がかかりますので、
肥満対策を行う時間があります。


ただ、子供の肥満でやっかいなのは、
大人は肥満対策を自分で行えることに対して、
子供の肥満対策は自分で行えないことです。


子供の肥満対策は親の協力が必要不可欠で、
親の協力の有無で
子供の肥満が解消されるかどうかがかかっているといえるでしょう。


子供の肥満対策も大人の肥満対策も
ダイエットは重要といえるでしょう。



posted by メタボ対策ナビ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。